• トップ /
  • 工業地域にある用途規制

工業地域でも建築可能

一戸建てやマンションを建設したい場合用途地域の特徴として工業専用地域以外ならば建築が可能で、第一種低層住居専用地域や商業地域など他の用途地域であればどこで建物を建ててもかまいません。第一種低層住居専用地域に建物を建築するのが最も一般的で、利便性を考えた時には商業用途地域なら商店が近くにあるため大変便利です。工業地域は利便性や住環境という点では劣りますが、近年では企業のリストラに伴い空き地が増えてきたため住宅地に転用される特徴が出てきています。工業地域はもともとの敷地の規模が大きく、大掛かりな街づくりができるためランドスケープを利用したマンションなど大きな建物が建てられています。そこまで大きな開発ではなくても環境面に配慮したデザインの住宅を建設するのが特徴です。今まで多くの住宅があった第一種低層住居専用地域の住宅地よりも、工業地域のほうがおしゃれで便利になってきています。街並みの整備がどんどん進み工場が建っていたことなど忘れそうですが、いくら現在の住環境が優れているといってもあくまでも土地の用途地域の指定は工業地域になっているため近隣に工場ができるかもしれません。その点さえ踏まえれば素晴らしい住環境といえます。

工業の深い情報

↑PAGE TOP

Menu